FC2ブログ
TOP > スポンサー広告 > かみさまとカンニングTOP > 日記 > かみさまとカンニング
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.02.28

かみさまとカンニング

数学者のパスカルは

「神さまがいると信じるか、いないと信じるか。
いると信じれば、死後に無限の幸福と命が得られる。対して信じなければ跡形もなく消滅して終わり。
選択は一度きりで、利益は無限でペナルティは有限。なら、迷うことなく前者に賭けろ(要約)」


と、神さまを信じるほうが得であると数学的結論を下したとさ。期待値計算でもやったのかよ。
なんかあちこちの大学でカンニング騒ぎが出てるが、くだんのパスカルどんは入試のカンニングも容認するんだろうか。

ズルをするかしないかなら、ゲーム理論に従ってズルをした方が期待値的にお得なのはご存知の通り。
ただ皮肉なことにその類の合理性を突き詰めれば人間の頭のレベルを越えてしまって、かえって非現実的。誰も数学的に考えて行動なんてしないし。 それにさっきから偉そうに期待値期待値いうが、期待値の考えは一応数学とはいえ試行回数が少ないと単なる博打だし。
第一残念なことに現世では、(受験生的には信じたくないけど)例え山大に入っても京大に入っても東大に入ってもMITに入っても無限の幸福は得られないんだよなー。パスカル式が通じるほど簡単ではなさそう。

人間五十年、死んで終わりとしたら利益もペナルティも程度はあれど有限か。なら個人の自由に従って、ゲーム理論に背を向けて真面目にテストを受けちゃってもいいじゃないの、と思う。
自分はどうだったかって? そんなこと考える余裕もなかったからもーまんたいだッ!!
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。