FC2ブログ
TOP > スポンサー広告 > チャーチル曰く『黒い猫』TOP > 日記 > チャーチル曰く『黒い猫』
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.02.16

チャーチル曰く『黒い猫』

うつ病という最近はやりの病気がある。別名心の風邪、もしくはガス欠。
本に書いてあることはあながち間違いではなく動けない。経験者でなくてはわからない奇妙な状態で、隣人どころか本人でも回復したのちに「どうしてあんなことになってたんだろう」と首をかしげたりする。

『モチベーション』『気力』『活力』はいわば状態を表す言葉だ。別に車のガソリンとか生物にとっての糖質や脂肪、トランスフォーマーにとってのエネルゴンのように物質として蓄えられているわけではない。
なのにどうして、目減りしたり枯渇したり、もしくは過剰になってかえって害になったり、といったことが起きるのか。

モチベーション、というには特殊なケースだが戦場にいる兵士にも似たことが起きたりするらしい。
戦意や勇猛さは実は有限で、本人も気づかないうちに目減りしていく。そして、すっからかんになった時はじめて「もうだめだ」ということに気付くらしい。
中間状態で「あ、私この前よりまずい感じになってる」というような危機感を覚えることはまりない、というのは不思議な心理だ。
場面やモードを切り替えると、気分というのはいったんリセットされるように思えてしまうからだろうか。なんだか、違う雌鳥を宛てがわれると、雄鶏はすぐ次の交尾に入れるーみたいな。

でも精子は物質だよなー。うむーむ。
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。