FC2ブログ
TOP > スポンサー広告 > 質より量なんて無理な話をTOP > 日記 > 質より量なんて無理な話を
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.09.22

質より量なんて無理な話を

白状してしまえば、前ヶ瀬がストーリーものを読む分量は非常に少ない。出版物と同人作品を問わず短編では週1、長編では月1あればいいぐらい。
あまり短期間に多くの漫画アニメ映画小説文学、ストーリーの強いゲームができないのは、「終わった後の疲労感」がとてつもないからだったりする。

面白いと感じたか否か、ジャンルや長さを問わず極度の集中の後にやってくる「感情が波立つ感じ」がひどい時は一週間続いて、その間に色々考えたり反芻しているうちに結局ぐったり疲れている。
特に自分の心理や状況と合致したときや、逆に全く理解できずひでえな、と思った時にはひどい。前者では思考が自分の妄想を巻き込んでスパイラルして、後者では自分の不快感の源やなぜ理解できないのかで思い悩んでしまうからだ。

「純粋な娯楽として消費する」タイプには向かないようで、短期間にたくさん読むと文字通りぐったりしたり、ちっとも頭のなかに定着しない。いちオタとしては致命的なことだが。
だから週一回のアニメや連載を飛び飛びに見るほうが、負担が軽いのかもしれない。単行本で読もうとする習慣を改めたほうが、色々な作品に触れやすくなるんだろうか。
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。