FC2ブログ
TOP > スポンサー広告 > Are You a Werewolf?TOP > 日記 > Are You a Werewolf?
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.09.13

Are You a Werewolf?

初めてテーブルゲーム『人狼』をプレイしてみた。UOとカードの発売元が公式提携してたな確か…関係ないがTRPG厨だった陛下も絶対大好きだろこれ。
マスター(先輩)含めて総勢9人だったんだが、ルールだけ説明されたんで実際どう動けばいいかはなかなかわからん。

おもしろいわー。二回目に『預言者』に当たって、

1日目夜:とりあえずらしい人を占う→白
2日目夜:生存者の中から適当に占う→黒
3日目昼:預言者であると名乗って、黒と出た人を人狼という。その人に「もう一人は誰か」と尋ねる
3日目夜:一人目が処刑。その人がもう一人だと答えた人以外を占う→黒

と出たところで脱落。
くー、3日目の第一投票(第一投票なら死人でもできるらしい)でもう一人に入れたのが生きたと思ったんだが。「殺された」ということは、正しく知っていたことになるんだし。
せめて確率勝負(3対1)に持ち込ませようと思ったんだけどなーうまくいかん。預言者であることを隠して執拗に一人を指名し続ける手もあるらしい、というか基本的に明かさない方がいいとか。ふむ。

『人狼』は確率論あるいはゲーム理論の話になるらしい。慣れた人はすぐ頭の中に「この人が嘘を言っていたら、こうなる、そしてこの人が…」みたいな樹形図らしきものが浮かぶらしい。数学が得意な人というか、理論的思考ができる人が強そうなゲームだ。

先輩が「貪欲に勝ちにいかなければ面白くならない」と言ったんだが、それは明らかに私の目が超キラキラしていたからなんだろうか。みんな初体験で手探りだったから、たどたどしかったんだろうが。
そういやテレビゲームが本趣味だが、家族で花札をやっていた時分からテーブルゲームも好きだった。やったのは本当に久しぶりだけども。
「人生の勝ち負け」にはそこまで執着しないが「面を付きあわせた勝負」にはやたらと熱くなるところがある。まあ、書いたものを見てもにじみ出てるが前ヶ瀬は決して冷静な人間ではないし。
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。