FC2ブログ
TOP > スポンサー広告 > 破廉恥なのはどっちだTOP > 日記 > 破廉恥なのはどっちだ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.08.08

破廉恥なのはどっちだ

東方星蓮船をはじめてみました。
難しいって弾幕ゲー。意地になってかじりつくタイプなんで、丁度目の前を例の赤青玉が流れていく幻視がちらついているところ。


**********************


自分の女性向けジャンル遍歴を見るに、どうも時代や世界観が離れているほどやりやすく感じているらしい。…ろくに女の子がいないジャンルが多いせいもあるだろうが。
ということは、前ヶ瀬は女性向けを「普通でない世界観で起きる異様な何か」の象徴として捉えていたのかもしれない、とはたと気づいてひどく恥じ入った。実際同性(ここは女性同士も含む)に恋愛感情を抱く人はいるわけなのに。

男性が女性向けホモエロを嫌うように、女性は男性向けエロを嫌うという構図は、どうもイコールではない。
まあ、どちらにしろ自分と同じ性が菓子同然におやつにされるのを見るのは、感情移入以前の問題で気分がよくないからだろう。性を冒すことは人格、尊厳、そしてもっと根源的な命そのものに対する攻撃であり破壊であり、侮辱だからだ。

とはいえ、ホモエロあるいは百合エロを単なるファンタジーでなくて真摯にセクシャルマイノリティの物語として描くのなら、それは男女ともに注目に値するものになりうるんではないか。
しかし、同性愛者を攻撃するのはむしろ異性でなく同姓だということを鑑みるに、性しかも普通でない性(じゃあ普通の性って一体なんで、どうしてそうなっているのかという生物学的理屈はまだわかってないんだが)に対して、人間は際立ってぞわぞわと心かき乱されるような気分になるらしい。

ホモエロがあちこちにはびこる理由は「じゃあお前らどうやって営むんだよ!」と全員の関心が「どうして同性を愛するのか、その愛情は異性愛とどう違うのか」という本人の心情やそもそも恋愛感情そのものに対する問題ではなくセックス話に向いてしまうからだ、という。
愛情=セックスという構図はもはや暗黙のお約束となったことは言うまでもないが、それだってファッション誌やちょっと下世話なフィクションの影響かもしれない。そうでなかったとしたら、人間は実はすぐセックスについて考えたがるスケベな生き物で、ちょっと揺さぶられただけでその本性が露出するだけなんだろう。そして、売り手側も同じものを抱えながら、それを熟知して商売をするんだろうな。

女性がそこまで百合を嫌わない理由は、よくわからない。ただ女性の側は人類の歴史を通していい加減、嗜好品扱いに慣れてきたというか、諦観もしくは達観みたいなものがあるからかも、とは思う。
あるブログで女性向けに対して「お前ら(ここでは女性)のオナニーならオナニーであるとはっきり言え!」との怒りの投稿があったことを思い出すが、これは完全に慣れの問題で、男性が自分の性を異性の身勝手により搾取される、自分の性が女性の性欲解消のために消費されることが、普通にありうることを認めるには、あと50年はかかるのかもしれない。
とはいえ、ずっと異性の立場を利用して、配偶者や親しい人間を食い物にするような輩はいて、食い物にされてる人間はある一定数いたのである。ただ、ないことになっていたか見ないようにしていただけで。

とにかく、自分でない性を娯楽のためやストレスの発散のため、自己の願望のために身勝手に利用し続けてきたことは、我々の歴史であり心にとどめおくべき事実に違いないのだ。時には同姓相手にもやってしまうがね。
やっぱり自分が楽しければどうでもいいというのが本性なのかもしれない。ただそれはとても残酷なことであると意識すべきだと思う。

カップリング中心で考えるアニオタって、実はけっこう鬼畜な連中と言えるのかもしれん。前ヶ瀬も含めて。
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。