FC2ブログ
TOP > スポンサー広告 > そして少年は復讐を遂げるTOP > アニメ・漫画 > そして少年は復讐を遂げる
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.06.06

そして少年は復讐を遂げる

雨か。久しぶりだが、また明日からは晴れるそうだ。
6月になってもう暑いとかすごいな山形は、フェーン現象は。青森はほぼ平地で海に抜けていってしまうから。




ときにこうもりビギンズでラーズが渡辺謙だったことを引き合いに出して、「最近はみんな男前だなあ」と父が言ったことに大爆笑した。まあ俳優だからそれぞれ違うベクトルの男前が多いのは当たり前ではあるけれども。
ベールさんがかっこいいということは譲らんぞ。でも黄色い声を出して騒げないし、一緒に騒ぐ相手もいない境遇が憎い…!

「ブルースが男前なのは当然。男前で、金持ちで頭がよく人当たりも悪くないが、外から見えないところで病的に歪んでいるところがミソ」
とはよく言ったもんだ父よ。
こうもりとしての姿はあいつのシャドウなんじゃないか、とも思える。『夜明けのブギーポップ』を読んで、藤花がブギーポップになったシーンを見て一番最初に思い出したのもこうもりだし(ブルースは多重人格ではないけど)。

ビギンズでは監督が頑張ってくれたが、三時間弱で尺が足りないのはどうしようもない。
ブルースの幼年期をベースにして「正義感」「復讐心」ではなく「ある種の狂気」が熟成されていくさまを描写したら、面白いんじゃなかろうか?
「両親の死とともに子供でいることをやめた」と本人は言っているが、どうして「やめた」のか。単にお父さんお母さんを殺したような悪人を懲らしめるため、あるいは誰かがお父さんやお母さんを殺されないため、という理由では一部無理が出てくるんだが。
とりあえず、元々どこか他人と合わない自意識過剰なガキだった説に一票。んで、両親の死という強いストレスに晒されてどこか病んで、こうもりというフェイズを作ることによって自己を保ったにさらに一票。

「世界が平和にならないかな? 悪いことをする奴がいなくなれば、平和になるのに
で、ブルースくんはいたく幼心を傷つけられたんだが…一歩間違えば僕は新世界の神に~みたいな机上論理の飛躍と情のなさに、逆に幼児性を感じるんだよな。実は子供をやめたんじゃなくて真っ黒に染まった子供の心をそのまま凍結させただけなんじゃないのか?「大人になって摩耗してしまわないように」。
で、そんな自意識過剰な男の周りにこれまた自意識過剰な連中が集まったのは一種の皮肉というか、類は友をなんとやら。もう寂しくないよ!とはうまくいかずS極同士みたいに反発しあっちゃうんだよなあ。

ジョーカー辺りとは、境遇が違ってもトラウマの源泉が似たりしてるんだよね。サシで真面目に対話すれば分かり合えるかもしれないのに、延々殺しあうのがミソ。
お互い「どこか通じるものがある」とわかっているのに殺しあうってことは、他人事ならスルーできるのにその「通じるもの」ゆえに消えてほしいのかもしれん。
ということは、あの二人の究極の欲求は自分で死ぬことなのかもしれない。もう生きてるのなんて嫌だ、でも自分にはやるべきことがある、と思ったら代理品がちょうどここに…というのは穿ち過ぎかな。
でも二人きりになると互いにATフィールド崩壊とか勘弁してほしいわー。
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。