FC2ブログ
TOP > スポンサー広告 > あなたも手書き派ですか?TOP > 読書 > あなたも手書き派ですか?
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.02.21

あなたも手書き派ですか?



片方で「東大生のノートはうんちゃら~」と持て囃されながら、「箇条書きで充分」とか「インデント揃えるとか馬鹿じゃね?」とか、「そもそもシケプリあればいいじゃない」という風潮が大学生の間でも広がっている。
ノート整理が趣味な前ヶ瀬も冷静に考えてみる。講義単位をひとつのツールか時間つぶし、あるいは純粋なTipsととる見方ならそちらのほうが効率がいい。だが残念なことに、前ヶ瀬はそういう考え方はとーっても好きになれん。人間は考える葦っていうじゃない、パンのみに生きるにあらずって言った人もいるじゃない。おっと、するべき勉強や資格などの設計はやってるからゆとりじゃないぜ。
ということでやきもきしていたところに来た本。「目に見える効果が出なくても、なんとなく性分で丁寧にまとめたい」アナログ派がホッとできる内容なんでご一読を。

誰だ「ノート丁寧にまとめる奴はバカ」とか言い出した奴。まとめようがまとめまいがバカ…じゃなくて身につかない人は身につかなくて、身につくひとは身につく。それこそ学習がパーソナルな作業だってことの証拠だと思う。
あと大学においてバカってなんだろう。スキルが身につかない人か、すぐ忘れる人か、単位落とす人か、評価が芳しくない人か? うーむ。だいたい他人を安易にバカというなと小学校で習ったろう。
まあ一切書かなくても全部理解できて頭に入る人なら、そうすればいいじゃない。できる人一割いないと思うけど。一番性に合うやり方でOK。

サイトで小説書くときの下書きや構想はノートにがりがり手書きだが、デジタルでやると致命的に出てこない。「完全なデジタル世代は1989年生まれから」ともいわれていて、前ヶ瀬が生まれたのはそれよりちょっぴりだけ前なせいもあるかもしれない。
だいたい、ネタやアイデアは適当に筆を動かして消して、動かして線引っ張って丸つけての繰り返しで、それをデジタルでやるのは普通のツールじゃ無理。手書きのいいところは、修正訂正書き換え入りまくってもなんとか形になるところかな。線引いてあるところによって、どういう風に完成形ができていったのかわかるし。
デジ絵黎明期にある作家さんが書いたハウツー本に「原稿にインクをこぼしても、インクで汚れた原稿は残る。だけどデータが消えると何一つ残らない。両者は全然違うように感じられる」というような文章があったけど、つまりそういうことなんだろう。ということで前ヶ瀬のメモ帳とノートはどんどんカオスなことになっていくんだが。

でも自動的に日付と時間が記録できるところ、タグ付けキーワード付けしておけるなら後で検索できるところ、コピペが自由なところは圧倒的にデジタルの勝利だ。加えてデジタルにおいて文字は完全な情報なので、字が汚いとか読みづらいということは絶対ない。全文検索だってできちゃうんだぜ。

前ヶ瀬はアナログの残滓みたいな世代だが、完全デジタル時代に生まれた人にとって文字は紙の上の図形でなく、完全な2バイト文字でできた情報なんだろうか。中世の羊皮紙に書かれていようがKindleでDLLしようが、聖書は聖書で全く等しいものって感覚なんだろうか。そうであるなら、ほんの十年ないのに深い感覚的隔絶があるように思える。
思えば「わざわざ文にするより箇条書きのほうがいい」という主張も、文章が持つ多義性やその時の文字のコンディションによる変化をなるべく排除しようという心理が働いているんでは?
うちの学科の先生がおっしゃっていたが、同じことを説明されたとしても文脈だとわからないのが、個条書きにするとわかった気になるそうな。あくまで「わかった気」だけどね、と忠告した上で。

世界の書き文字の大半が横書きなのに日本が縦書きなのはあまりに非効率で「同質化失敗」だとか、どうしてA版が世界標準なのにB版使うんだとか、そういうアホなことをぼやいているライターもいることだし…そのうち言語や文字組みどころか文法にも価値はなくなって、世界共通の情報や記号だけになったりして。
そうかそれこそ電脳世界の入り口か。そうなる前に人類が滅亡するほど気長な話にも思えるが。そうなったら人類の叡智がさらに拡大する、わきゃないわな。一番親しい人でさえたまにわかりあえないという人間の本質が変わらん限り。
そう考えると文字は純粋なるデジタル情報のようでそうでない、なんとも奇妙なものなのかもしれない。

とはいえスペースゼロでフローできるとか全文検索は便利なので「せっかくだから、おれはデジタルペンを選ぼうかと思うぜ!」と検討中。
ぺんてる 手のひらサイズのコンパクトデジタルペン airpenMINIぺんてる 手のひらサイズのコンパクトデジタルペン airpenMINI
(2008/11/28)
ぺんてる

商品詳細を見る

あともうひとつの苦悩。鉛筆orシャーペンよりボールペンのほうが引っ掛かりがなくてさらさら書けるのは皆さんご存知の通り。しかしボールペンには手軽に修正できないという欠点があるわけで…統一するならどっちがいいんだろう。メモとノートでわざわざシャーペンとボールペンを持ち替えるのが微妙に面倒くさい。
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。