FC2ブログ
TOP > 2010年08月
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.08.25

そこでどうしてグレイ登場?


X-ファイルに潜むサイエンス―ミュータント、ウイルス、エイリアンの実像X-ファイルに潜むサイエンス―ミュータント、ウイルス、エイリアンの実像
(2002/01)
アン・サイモン中村 雅美

商品詳細を見る


図書館でつい懐かしくなって借りてしまったが懐かしいなX-File。
覚えている話としてはプラナリア人間と、頭はいいが必ず人殺しになるクローンの女の子がいっぱい出てくる話。
理系人間な父と一緒に面白く見ていたんだが、SFの皮をかぶったホラーなんで真面目に怖くてしかたなかったのを覚えている。でもまた来週見るんだけどね。母はグロドラマだと嫌がっていた。
思えば生物系の話が多かったのは、生物学の話題はポピュラーサイエンスとの相性が一番いいからだろうか。

あのドラマはぬーべー、コナン並にスタッフが科学オタだったんじゃないかと思われる。
とはいうもののSFの目的はあくまで娯楽で、ネタは面白いところから引っ張ってくるんだが「宇宙人に妹をさらわれた(と思っていて)からFBI捜査員になったモルダーさん」をはじめ肝心の根っこがいかがわしかったりする。
だいたい最初に挙げた二つのエピソードの後者だって「20になると必ず人殺しをする遺伝的特徴」ってなんだそれ。アメリカには明らかに人殺し大好きみたいな危ない奴がたくさんいるので、そんな漫画みたいな曖昧な恐怖も現実味をもつのかもしれん。
あくまで一流の娯楽ドラマであった。宇宙人関係の話になると、普段から怪しいリアリティが完全に崩壊してつまんなかったけど。メリケン連中が(日本人も違わないが)面白ければなんでもいいバカなのか将来有望に好奇心旺盛なのか、本当に不明だ。

で、監督にアドバイスをしていた女性生化学者が「この話のネタに用いられたのはこういう科学的知識で、ここの部分はフィクションで」と丁寧に説明してくれるのでわかりやすい。話題としては
・捕食寄生者
・突然変異とミュータント
・遺伝子操作
・寿命と老化に関わる技術
・自然に対する人間の介入
みたいな感じ。少し前の本だがいいところをさらっていて、生物をやっている今もう一度読んでよかったと思う。
ネタは古いんだけど、ポピュラーサイエンス書としてけっこう出来がいい。生物学をちょっとかじった人間であればより楽しめるだろう。


個人的にほほう、と思ったのが監督から

「宇宙からやってきたウイルスにはどんな形が相応しいと思う?」

と訊かれた作者が

「花粉なんていいんじゃないですか」

と答えて、結局花粉になったせいで放送後に「あれってなになにの花粉じゃないの?」とサイトに書かれたという話。確かに花粉ってすごくおもしろい形をしているからな。(気になった方はこのグーグル画像検索からどうぞ。こんなの序の口なのだ)
ちなみにもう一つモデルとして使われたのはウニのプルテウス幼生だったらしい。事実は小説より奇なり、とはいうが人工物か、と突っ込みたくなる造形はたくさんあるからなあ。
スポンサーサイト
Posted at 23:55 | 読書 | COM(0) |
2010.08.25

別にどうでもいいけどイラついたんで

こうもりのブルースぼっちゃんの生まれながらのセレブ気質っぷりには敵も味方も読者もみんなイライラする(主人公なのにどうしてだw)、超金持ちの家に生まれた人にとっては超金持ちな状態が自然なんだから、イライラしこそすれぼっちゃんを非難はするべきじゃない。
でも、中途半端な金持ちまではいつも転落→貧困の恐怖を抱えているから、その心配もほとんどないってことはどんだけ金持ちなんだあの一族。えーとあの会社の資産いくらって話があったんだけどなあ…。

しかし、そこまで金持ちなぼっちゃんにとって「世界が悪くなろうがなるまいが、生活は人並みより二段以上快適」な状況は変わらない。
そんな人間が「世界を救う、世界を変える、世界をよくする」と言ってわけわからんことをしているのは、ある意味怖い狂気なんじゃないかな。モチベーションになるものが全くなくて、あるとしたら「普通あるはずもない執着」だ。ジョーカーさんが親近感を抱くのも、周りも「あいつらって類友だよな」と言うのもわかる。

いま「働かなくても食べていける超ビリオネアの子弟が、悪を憎むトラウマから悪人を倒す話」なんてネタかぶりを避けて書いたら、ひどい気違いマンガになるのは間違いない。
だからこうもりについては黒こうもり(ダーク系の作品群)も悪くないんだがアニメよりの色こうもり(コメディ系の作品群)のほうが、そういう主人公からして怖すぎる実情が紛れるから助かる。ヴィラン連についても父と先輩が「悪人だけど毎日楽しそうだよね」と同じことを言ってるし…いくら前ヶ瀬が鬱ストーリーが好きといっても限度があるっつーの。
あと鬱やるならコスプレやめてねお前ら。いや、あいつらにとってコンビニ店員に通報されそうな格好ではた迷惑なことをやりまくるのは、それこそクソッタレな世界に対する挑戦なのかも…でもすっぴんを知ってると見てる方が恥ずかしくなるから程々にしてね。

働かなくてもいいでござる、はみんなの憧れ。
しかし働くことが(当然)普通すぎて、そうじゃない生き方なんて誰が教えてくれるんだろうなあ。それこそぼっちゃんみたいに黒い服を着てヒーローするしかやることがないのかもしれない。
ぼっちゃんの頭がどっかおかしいことに対しては「金持ちなんてみんなこうだよな」と下方修正するんじゃなくて、「もちろん収入で人生は変わるけれど、人生がどうなるかはそれだけで決まらない。そして苦しみは尽きない」という教訓にすべきじゃないだろうか。元々70年前の漫画だがいいこと言ってるじゃんメリケン。

お金といえば、死んだじいちゃんは生前言いました。
「株には死んでも手をだすなよ」と。
2010.08.25

どちらにしろ生存本能は摩耗している

「勉強するのは、生き延びる本能のため」

という話が某ビジネス書にある。

しかし福沢諭吉も指摘しているようにその解釈は別に目新しいものではなくて、むしろ子どもが「何のために勉強するの?」と質問してきた時にとりあえず答えておくテンプレの形が「賢くなるため」よりそちらにシフトしたせいじゃないかと思う。
いや、子供だけじゃなくて学ぶ理由自体が「生き延びるため」になりつつあるか。不景気、では説明できない変化を感じる。

とりあえずそれを聞いて「よし、生き延びるためにガンガン目標を立てて学ぶぞ!」となる人間と「え~…」となる人間に分かれて、そのどちらが偉いわけでもないことは確かだ。


******************


ブログを書いていたら、背後からメガ様の声が聞こえてきて「え!?」と思ったらiタウンページのCMだった。一徹父さんじゃねえかww
出演料高いのに呼ぶ会社も会社だし、加藤さん自身仕事選ばないな相変わらず。働くの好きなのかな?

加藤さんは声の問題で実写の吹き替えを断ったらしい。確かに25年前とは声質が明らかに変わってるよな。あの人のお声は独特で味がありすぎて、劣化かどうかはわからないが。前ヶ瀬としては明らかにじじい入った今の方が好きだし。

何よりも今「デストロン万歳!」とか「にゃー!」とかやらせたらただでさえそう長くない余生をがくんと縮めてしまいそうで怖すぎる…。
Posted at 00:16 | 日記 | COM(0) |
2010.08.23

奴らがいた日々

大学の食堂が休みだと食費がかさむのう。
GTDの原則に則って(ウソ)部屋を片付けていたら頭痛がしてきたでござる。


**************

星蓮船がちっとも進まない。
プレイする時間が取れないから当然なんだが。まあゲームなんだからゆっくりやればいいよ。

昔のブログを書籍化したものに目を通してみたが懐かしいな。
それほどの年月ではないから長く感じる。色々ありすぎたからなあ…今になれば単なる過去で、そこまで心の琴線に触れるものなんてないんだが。
当時まだハムどもがいたから、文字だらけにならない上に絵面が和やかなのがよかった。動物最強。
(最強と打とうとして最凶が出てどこのジョーカーさんだとツッこんだ。と同時に一番トチ狂った奴の座も一番凶悪な奴の座も逃したハーくんの悲哀を思って泣いた)

ときにハムスターって窟居性のくせに、どうしてあんなに高いところに登りたがるんだろうな。


Posted at 01:06 | 日記 | COM(0) |
2010.08.21

iPadさんを残念とは感じない

IMGP0417.jpg

夏のバイト代にて買ったでござる。
「十秒でスリープから復帰して使え、また十秒でスリープにしてしまえる省スペースで軽いデバイス」
という要求にはまさに最適かと思ったわけだ。

レスポンスにも問題はなく気にいっているが、注目を浴びた割にはガッカリデバイスと言われるわけは、触ってすぐわかった。

「ストイックさ(娯楽性のなさ)」

取り回しがきいて、小型ゲーム機サイズのiPhoneに比べて、ライトな趣味に使うには重たすぎる。専用アプリもビジネス寄り。
出すの面倒だなーと文庫本でも読み出すかもしれん。

きっと便利に使える人は「ライターさん」ぐらいなんじゃないか。あと前ヶ瀬みたく取り回しを重視する人。
iPhoneとは全く違う、むしろ雑誌や新聞の進化系っぽさを感じる。つまり紙媒体の拡張。
店頭に対応の防水ケースがあって失笑したが、紙媒体感覚ならお風呂雑誌を読むような扱いもしたくなるだろうな。

前ヶ瀬はflashがなくてもsmart.fm使えないぐらいなんで構わん。大体flashのwebコンテンツは好かんし!
iPhoneの画面が狭くてイライラする日々も終わりか。二台持ちが理想というのも、先述したように明確だが。
jisキーを愛しすぎて携帯のキーが憎らしい。
道具が残念かどうかは、手に馴染むかで決まるんでなかなかわからない、ということだな。これから無下に貶さないようにしよう。

子供に持たせるとしたらiPadのほうが、遊びすぎなくていいかとは思う。あと紙感覚の延長で年配の方とか。
iPhoneとは違いPC活用しまくっているギーク層には向かないだろう。飛びついて失敗しても、それもまたギーク的経験。

いやーこの記事を書くのもなんとかできる。一応bluetoothキーボードを揃えて死角はないが。
appleさんがここまでストイックなガジェットを作るとは、誰も予測できんよそりゃあ。


***************

余談。

道具擬人化は詮がないように思えて好きじゃないんだが、もしiPadを擬人化するとしたら
「役者とかクリエイターみたいなキワモノ家族の中で、一人だけ普通の勤め人になった大柄なお兄さん」
みたいな感じなんだろうな。
Posted at 23:33 | デジモノとPC | COM(0) |
2010.08.21

耳が痛くなるレベルで啼(泣)け

夏だから山形でセミが啼くのは当たり前なんだが、どうも音量でかすぎる!
と思ったらすぐそこの壁に止まってるし…まあ、姿も見えないほど遠くからでも聞こえるぐらいなんだから、元々出している音量が半端ないのはよく考えれば当たり前なんだった。
しかし、小さな虫の筋肉とそれほど厚くもない羽でよくあそこまで。すごいのう。


*********************


オスのセミが啼くのは交尾相手を見つけるため。メスは卵を作らなきゃいかんからそんな音響デバイスはない。
ここで一生懸命異性の気を引かなければ、生まれてきた意味がないからな。生き物にとって人生(?)の意味がなんだといえば、自己実現でも自己承認でも愛されることでも誰かとつながることでもなく、単に「自分の卵か精子から子供がかえり、さらにその子供がまた子供を産むか」ということだから。

で、セミといえば力尽きたものが道端でぶぶぶぶともがいていたりする。
そこで手塚治虫「火の鳥」の未来編で、精神だけになった主人公マサトが人類なき後知的生命体に進化したナメクジに語りかけるシーンを思い出した。

あの話の中で文明を発達させたナメクジは、結局戦争の果てに住む環境をなくして死に絶える。そうして死にかけている一匹が死にたくないと嘆くのに対して、マサトが
「お前たちの祖先は、愚痴も言わずに死んでいっただろう」
と言う。そしてそのナメクジは
「どうして私たちの祖先は賢くなろう、と思ったんだろう。賢くならなければ、もっと楽に死ねた」
と呟いて死ぬ。

知能が低い(といわれる)動物、塩をかけられた「先祖」ナメクジだって逃れようともがくのに、手塚先生らしからぬリアリティのなさである。別のものを優先したのかもしれん。
大クリエイターの深謀遠慮は図りきれないが、人間だって昆虫だって魚類だって、自分の命が危険になるともがく。人間なら
「自分の意識が消えてしまうのがいやだ」
「財産や家族、恋人や友人をなくすのがいやだ」
「まだやりたいことがあるのにいやだ」
と言うだろうが、それさえ理由もわからない「死にたくないという抵抗」に理由を後付けしてるだけかもしれない。

そうやって色々なことを考えても、生き物が死ぬときは死ぬ。
子供を残せなかったとしたらその個体は「失敗」したことになるが、それだって同種が数えきれないほどいて予定通りで済んでいるから、セミも人間も生き延びてきたのだ。
手塚先生が言った「愚痴」というのは、「この世にほとんど大きな影響を及ぼさない、自然で当たり前な死」を、さもご大層なことのように大袈裟に嘆き悲しむことを言ったんだろうか。人間には言葉があるが結局、道端に落ちてもがいているセミと同じというのに。
Posted at 11:17 | 日記 | COM(0) |
2010.08.17

自分で幽霊と名乗るなよ

シックス・センス(洋画)では死んだことに気づかないから成仏できないとか、そういう話があったぞ。

幽霊といったら、どうしてもスタを思い出す。
スタの場合自分が死んだことははっきり自覚しているよう。あれでしてなかったら鬱展開まっしぐらだしな。
しかし今のあいつにとってメガ様に復讐を、といってももうリーダーの座は狙えないし、どうやって何をもって復讐といえるんだろう。そう思うと滑稽だが悲しいネタなのかもしれん。

死んで初めて真のチート性能(天膳さんの違う星にお住まいのご親戚ですか?)が発覚したスタなんだが、あいつが相変わらずおバカにゃんなのには本当に安心できる。暗くならないし!
まあムービーでガルたまに吹っ飛ばされたのだって、ガルたま=メガ様がいい加減キレたならしんみりできるが、現実は単に力加減がわからなかったからでガルたま本人 ( ゚д゚)ポカーン だったけどな。何で最後までグダグダなんだよあのアニメw

スタの台詞とオクトーンの反応をみるに

・トランスフォーマーも死ぬと幽霊になる
・トランスフォーマー幽霊も実体がない
・トランスフォーマー社会でも幽霊は見たら驚くものとなっている

ってところ。もう少し捻れよちっとも人間と変わらないじゃねえかw
だが今のところ死んでもまた図々しく出てくるのはスタぐらいしかおらんから、それが全てのトランスフォーマーに当てはまるかは疑問。いや、出てきてないからむしろあいつらにとって「死ねば跡形もなく消えるのが当たり前」なのかもしれない。余韻も理屈もなく復活するときもあるけどな!

スタが幽霊になるなら、光波さんだっていつもメガ様の背面にしがみついているぐらい、それこそ怨霊になってもいい気がする。
「あの人らしからぬ!」という感じもするけど、あそこまで残念な死に方をされると何も恨まず成仏したと聞くほうが悲しい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。