FC2ブログ
TOP > 読書
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.03.07

むちむち君の健康生活


バットマンになる! スーパーヒーローの運動生理学バットマンになる! スーパーヒーローの運動生理学
(2010/09/25)
E・ポール・ゼーア

商品詳細を見る

とりあえず、ばっちーにとっての弱点はジョーカーさんではなくて、

・昼に外に出ないゆえのビタミンD欠乏
・概日リズムに反した生活のせいで睡眠不足
・カサンドラ(みたいな小柄な相手)
・よく頭をぶつけるせいで老後認知症が進む危険が

みたいな感じらしい。…全部不養生したせいじゃねえか!

別にペンさんとかが頑張らなくても、限度が過ぎたA型気質というか、遠くない将来勝手に過労死してしまいそうな気がする。世に盗人の影はつきまじ、だし読者も出版社も当分終わらせる気はないから当分現役だ!
ベインは元気が出るお薬ネタがやば過ぎで敢えて言わないが、ジョーカーさんはアーカムから出てくる度にぷちぷち脳のニューロンが死んでる感じで、老い先が暗いのは本人だけではないのが幸い。ヒーローに労災を、といってもこいつ金持ちだからいらんか。
過激なトレーニングをやって夜の自警活動をやって昼休んで…と聞いてもあんまり尊敬できる気がしなくてますますダメ子に見える作者の書き方は故意だ。というか愛だ。ついでに別に何の超能力がなくてもすごい人は他にもいるが、ぼっちゃんだけを取り上げたのも良心だ。

資料として挿入されている1960年代からのフィギュアの変遷は大爆笑。最初は日本人的にも普通の居丈夫だったのに、どうしてああなったんだ。メリケンの太ももむちむちへのこだわりか…!
スポンサーサイト
Posted at 22:07 | 読書 | COM(0) |
2010.08.25

そこでどうしてグレイ登場?


X-ファイルに潜むサイエンス―ミュータント、ウイルス、エイリアンの実像X-ファイルに潜むサイエンス―ミュータント、ウイルス、エイリアンの実像
(2002/01)
アン・サイモン中村 雅美

商品詳細を見る


図書館でつい懐かしくなって借りてしまったが懐かしいなX-File。
覚えている話としてはプラナリア人間と、頭はいいが必ず人殺しになるクローンの女の子がいっぱい出てくる話。
理系人間な父と一緒に面白く見ていたんだが、SFの皮をかぶったホラーなんで真面目に怖くてしかたなかったのを覚えている。でもまた来週見るんだけどね。母はグロドラマだと嫌がっていた。
思えば生物系の話が多かったのは、生物学の話題はポピュラーサイエンスとの相性が一番いいからだろうか。

あのドラマはぬーべー、コナン並にスタッフが科学オタだったんじゃないかと思われる。
とはいうもののSFの目的はあくまで娯楽で、ネタは面白いところから引っ張ってくるんだが「宇宙人に妹をさらわれた(と思っていて)からFBI捜査員になったモルダーさん」をはじめ肝心の根っこがいかがわしかったりする。
だいたい最初に挙げた二つのエピソードの後者だって「20になると必ず人殺しをする遺伝的特徴」ってなんだそれ。アメリカには明らかに人殺し大好きみたいな危ない奴がたくさんいるので、そんな漫画みたいな曖昧な恐怖も現実味をもつのかもしれん。
あくまで一流の娯楽ドラマであった。宇宙人関係の話になると、普段から怪しいリアリティが完全に崩壊してつまんなかったけど。メリケン連中が(日本人も違わないが)面白ければなんでもいいバカなのか将来有望に好奇心旺盛なのか、本当に不明だ。

で、監督にアドバイスをしていた女性生化学者が「この話のネタに用いられたのはこういう科学的知識で、ここの部分はフィクションで」と丁寧に説明してくれるのでわかりやすい。話題としては
・捕食寄生者
・突然変異とミュータント
・遺伝子操作
・寿命と老化に関わる技術
・自然に対する人間の介入
みたいな感じ。少し前の本だがいいところをさらっていて、生物をやっている今もう一度読んでよかったと思う。
ネタは古いんだけど、ポピュラーサイエンス書としてけっこう出来がいい。生物学をちょっとかじった人間であればより楽しめるだろう。


個人的にほほう、と思ったのが監督から

「宇宙からやってきたウイルスにはどんな形が相応しいと思う?」

と訊かれた作者が

「花粉なんていいんじゃないですか」

と答えて、結局花粉になったせいで放送後に「あれってなになにの花粉じゃないの?」とサイトに書かれたという話。確かに花粉ってすごくおもしろい形をしているからな。(気になった方はこのグーグル画像検索からどうぞ。こんなの序の口なのだ)
ちなみにもう一つモデルとして使われたのはウニのプルテウス幼生だったらしい。事実は小説より奇なり、とはいうが人工物か、と突っ込みたくなる造形はたくさんあるからなあ。
Posted at 23:55 | 読書 | COM(0) |
2010.02.21

あなたも手書き派ですか?



片方で「東大生のノートはうんちゃら~」と持て囃されながら、「箇条書きで充分」とか「インデント揃えるとか馬鹿じゃね?」とか、「そもそもシケプリあればいいじゃない」という風潮が大学生の間でも広がっている。
ノート整理が趣味な前ヶ瀬も冷静に考えてみる。講義単位をひとつのツールか時間つぶし、あるいは純粋なTipsととる見方ならそちらのほうが効率がいい。だが残念なことに、前ヶ瀬はそういう考え方はとーっても好きになれん。人間は考える葦っていうじゃない、パンのみに生きるにあらずって言った人もいるじゃない。おっと、するべき勉強や資格などの設計はやってるからゆとりじゃないぜ。
ということでやきもきしていたところに来た本。「目に見える効果が出なくても、なんとなく性分で丁寧にまとめたい」アナログ派がホッとできる内容なんでご一読を。

誰だ「ノート丁寧にまとめる奴はバカ」とか言い出した奴。まとめようがまとめまいがバカ…じゃなくて身につかない人は身につかなくて、身につくひとは身につく。それこそ学習がパーソナルな作業だってことの証拠だと思う。
あと大学においてバカってなんだろう。スキルが身につかない人か、すぐ忘れる人か、単位落とす人か、評価が芳しくない人か? うーむ。だいたい他人を安易にバカというなと小学校で習ったろう。
まあ一切書かなくても全部理解できて頭に入る人なら、そうすればいいじゃない。できる人一割いないと思うけど。一番性に合うやり方でOK。

サイトで小説書くときの下書きや構想はノートにがりがり手書きだが、デジタルでやると致命的に出てこない。「完全なデジタル世代は1989年生まれから」ともいわれていて、前ヶ瀬が生まれたのはそれよりちょっぴりだけ前なせいもあるかもしれない。
だいたい、ネタやアイデアは適当に筆を動かして消して、動かして線引っ張って丸つけての繰り返しで、それをデジタルでやるのは普通のツールじゃ無理。手書きのいいところは、修正訂正書き換え入りまくってもなんとか形になるところかな。線引いてあるところによって、どういう風に完成形ができていったのかわかるし。
デジ絵黎明期にある作家さんが書いたハウツー本に「原稿にインクをこぼしても、インクで汚れた原稿は残る。だけどデータが消えると何一つ残らない。両者は全然違うように感じられる」というような文章があったけど、つまりそういうことなんだろう。ということで前ヶ瀬のメモ帳とノートはどんどんカオスなことになっていくんだが。

でも自動的に日付と時間が記録できるところ、タグ付けキーワード付けしておけるなら後で検索できるところ、コピペが自由なところは圧倒的にデジタルの勝利だ。加えてデジタルにおいて文字は完全な情報なので、字が汚いとか読みづらいということは絶対ない。全文検索だってできちゃうんだぜ。

前ヶ瀬はアナログの残滓みたいな世代だが、完全デジタル時代に生まれた人にとって文字は紙の上の図形でなく、完全な2バイト文字でできた情報なんだろうか。中世の羊皮紙に書かれていようがKindleでDLLしようが、聖書は聖書で全く等しいものって感覚なんだろうか。そうであるなら、ほんの十年ないのに深い感覚的隔絶があるように思える。
思えば「わざわざ文にするより箇条書きのほうがいい」という主張も、文章が持つ多義性やその時の文字のコンディションによる変化をなるべく排除しようという心理が働いているんでは?
うちの学科の先生がおっしゃっていたが、同じことを説明されたとしても文脈だとわからないのが、個条書きにするとわかった気になるそうな。あくまで「わかった気」だけどね、と忠告した上で。

世界の書き文字の大半が横書きなのに日本が縦書きなのはあまりに非効率で「同質化失敗」だとか、どうしてA版が世界標準なのにB版使うんだとか、そういうアホなことをぼやいているライターもいることだし…そのうち言語や文字組みどころか文法にも価値はなくなって、世界共通の情報や記号だけになったりして。
そうかそれこそ電脳世界の入り口か。そうなる前に人類が滅亡するほど気長な話にも思えるが。そうなったら人類の叡智がさらに拡大する、わきゃないわな。一番親しい人でさえたまにわかりあえないという人間の本質が変わらん限り。
そう考えると文字は純粋なるデジタル情報のようでそうでない、なんとも奇妙なものなのかもしれない。

とはいえスペースゼロでフローできるとか全文検索は便利なので「せっかくだから、おれはデジタルペンを選ぼうかと思うぜ!」と検討中。
ぺんてる 手のひらサイズのコンパクトデジタルペン airpenMINIぺんてる 手のひらサイズのコンパクトデジタルペン airpenMINI
(2008/11/28)
ぺんてる

商品詳細を見る

あともうひとつの苦悩。鉛筆orシャーペンよりボールペンのほうが引っ掛かりがなくてさらさら書けるのは皆さんご存知の通り。しかしボールペンには手軽に修正できないという欠点があるわけで…統一するならどっちがいいんだろう。メモとノートでわざわざシャーペンとボールペンを持ち替えるのが微妙に面倒くさい。
Posted at 01:12 | 読書 | COM(0) |
2009.11.28

狼耳を犬耳とどう見分ける?

狼と香辛料 (電撃文庫)狼と香辛料 (電撃文庫)
(2006/02)
支倉 凍砂

商品詳細を見る

「わしは賢狼(けんろう)ホロじゃ。ぬしの何倍生きていると思っとる」


昨晩とある事情で寝付けなかったので完読。
以下全て前ヶ瀬の主観と好みによる感想なので悪しからず。


【いいところ】
・ファンタジーのテーマとしては異端な「商売」や「金融」が軸になっているところがおもしろい
・ホロ(ヒロイン)の貫禄。「わっち(わたし)」「~かや?」とか口調にも味がある
・細部の描写が詳しい

【いまいちなところ】
・挿絵のレベルが低くて絵が入るたびに興ざめする
・「~で~で、~である」と段構え調の文章なのに、たまに前後がぎすぎすしている
・多少文章修飾がうるさい
・世界観が不明瞭(まあ一巻だけどな)


一言でかいつまめば、世界観はけっこう独特だが一巻に限って展開はすごく王道。
1、旅をしている主人公が正体不明の(美?)少女ヒロインと出会う
2、なりゆきで道連れに
3、二人が事件に巻き込まれる
4、ヒロインがさらわれ、主人公が救出に向かう
みたいな感じ。なんだろうこの安心感は…最後にホロの馬鹿力で全部解決しちゃうところも、ちょっと変わったヒロインならよくあることだしな。

行商人ロレンスが主人公でしかも「表は行商人だが裏の顔は~」とかじゃなくて本当に商人なのは珍しい気がする。一般的にファンタジーとは火と油の関係である貨幣や経済、商売の話がよく出てくるのもおもしろい。
しかも、久しぶりに自分が宿っていた土地の外に出たホロに対するロレンスの解説という形で、飲み込みやすく説明しているのもこにくい。…そのまま説明するとしつこいことを書く常套手段ではあるものの。

この話のキモはホロだろう。というかホロがああでなければ何も特筆すべきところのない物語になっている気がする。ババア口調で老練なケモノ少女かわいいわー、といっても萌えはしないが。
物語の中でホロが動いているのでなく、ホロが物語を引っ張っているのだから「ライトノベルはキャラが大事なんだ」としみじみ感じた次第である。

それに、前ヶ瀬は細かいとこまで描写してくれたほうが好きなので作者のマメな書き方には好感が持てた。食事や市場のシーンとか、地味なところもちゃんと書き込んでくれたしな。


ただ…この挿絵どうにかならんのか。
元々小説にマンガ絵が入るのは気持ちがわるくて嫌なのだが、うまければ許せる。
でも本作の場合はちょっとやばい域ではなかろうか。ところどころ確実に崩壊している、というか崩壊するほど高度な作画をあえて省いているのだろうが302-3見開きでモロバレである。
ちなみに絵師さんについて前ヶ瀬は知りません。普段は違かろうが今はうまくなっておろうが、この挿絵はひどい。ここまでホロのかわいさしか見るところがないって、明らかにまずすぎるだろうというか、それなら漫画かイラストでやればいいじゃない。
まあ、表紙を手に取った時点でいやな予感はしていたんだが。もちろん絵には好みが大きいんだが、顔以外はほぼがっかりクオリティ。

主人公や登場する商人たちの取引上のかけひき描写が若干わざとらしくクールなので、作者は多分経済畑ではないだろうと思った。しかも前ヶ瀬もよくやるように「こうこうこうだからこうなる」「こうこうこうで、そしてこうした」とやたらと理由とか段階づけをしたがるようなので、多分理系なのでは?
と思ったら大学で物理科だったそうだ。数学科に次いで理論が大事な学問なのでなるほどなあ、と納得できる。

…ただ、小説に理論性や整序性を求めすぎるとうるさがれるんだよなあ。というかくどい文章を書く前ヶ瀬でさえこの小説の文はところどころしつこいと思う。

しかもまずいことに、たまに「~だから、~である」の句点の前と後が一致していない。一番わかりやすい一説を引用するとこんな感じ。
ロレンスは(中略)教会の教えを頭から信じてはいないが、迷信深さはこの農夫達以上だ。苦労して(中略)町にたどりついた商品が暴落していた、なんて日常茶飯事だ。迷信深くも心身深くもなるというものだ。
どうして赤字の理由がその前から導き出されるかの説明が欠けている。たぶんちょっと皮肉の利いた文にしたかったんだろうが、いやな具合にすべっている。

つまり「ロレンスは商売人なので、けっこうゲンや縁起みたいなものを信じるタイプだ」ということだろう。それにどうして「農夫達以上」といえるのかもわからない。

たまにノリで突っ込んだとしか思えない描写もあるが、すごく丁寧で好感が持てるからこそところどころ筆が滑って文がほころんでるのが残念である。

世界観についてはまあ一巻だから…って、最初の巻の時点でここまでシリーズが続くとは限らないのでこれで終わる可能性もあったわけだよな。考慮に入れる必要がないか。
教会の権力が強い世界なのにリベラルすぎる主人公がすごくライトノベル。ロレンスは別の国出身なのか。いくら違う国の文化をたくさん見ても、自分が生まれ育った文化はなかなか捨てがたいものなはずだ。特に現代の日本人は甘く見ているが、信仰は文化と民族の最も大きい象徴なのに。
そもそも、この辺りの文化圏はどの辺りまで広がっていて、その周りにはどんな別の文化圏があって、二人はそれぞれその中をどう移動してきたのだろう。
それと教会の話だが、作者支倉さんは経済は好きだが歴史はあまり好きでないらしい。なぜなら考察がちょっと甘い。大規模な宗教集団が政治集団とイコールで、つまり利益集団ともイコールなことは常識で、とりたてて強調するべきことでもなんでもないからである。

教会の権威がそこまで失墜してるわけでないのに「聖職者と自然学者の対立」って?
ホロがいた村では化学農法が行われているようだが、この世界の自然科学ってなんだろう。次で出てくるのか?
それに香辛料があって高価だってことは、ロレンスたちがいる地方にないところで香辛料が生産されてこちらに回ってくるわけで…まったく若者向けメディア商法乙。

ときに批評とは別に作中の金融の話だが、あまり詳しくないせいで二三回見返さないと理解できなかった。
でも問題は一度見てわからなかったことではなくて、経済なんて中学以来触ったこともない前ヶ瀬でも三度読めば理解できるレベルで回るビジネス&地域経済(笑)じゃないか!
まあ作者は物理畑だったし、作者は物語世界の神であるから存分に振る舞えばいい。
でもなんというか穿って考え込んでしまう。その程度の知識しかない作者がネタに使ったのか、あるいは本当はもっと詳しいが読者のレベルに合わせて経済をやったことのない一般人でもわかる常識レベルにしたのか。単なる勘違いだろうが、どこを見てもゆとりしかいないというか…いろんなところで世界はどんどんと退行している?

最後にホロはかわいいんだが、ホロのかわいさを強調する描写が多すぎる。
「ヒロインのかわいさはきっちり描写すべき!」とどこぞの小説指南サイトにはあったなあ。というかもしかしてみんな、小説のストーリーがほしいんじゃなくて自分の好みに合うキャラを見たくて小説を読むのか?
ヒロインに限らず登場人物の特徴を断続的に表現するのは難しい気がする。下手をすると本作みたいに明らかにファンサービスみたいで気持ち悪くなる。ティーンズ漫画かっ!
多分、支倉さんはホロを大好きなんだろう。作者にとって気に入ったキャラはできのいい子供と同じなので、前ヶ瀬を含め物語を書く人なら誰でも、その魅力をたくさん書きたくなる。しかし下手をすると、ストーリーにノイズが入るだけでなく小説でなくキャラ本になってしまったりするから、愛って恐ろしい。
ホロは一神教が教えるようなしかめつらしい偶像としての神ではなく、生き生きとした大地の精のようなもので明朗さ、子供らしさやかわいらしさが混ざるのはわかる。しかしここまで強調されたら演出や重要なテーマなのか、それとも単に作者がホロ萌えモードに入りたかっただけなのかわからなくなってしまうのだ。


この一巻は序章だな。タイトル『狼と香辛料』の後半の香辛料がどうしてついたのかがわかる話だし。
週刊誌でも週刊アニメでもなくて一冊の文庫本において、最初から次の巻を買わせる気満々なのってどうなんだろ。それが悪いとしたら支倉さんじゃなくて電撃が悪いんだが。
多分この第一巻には前ヶ瀬が気付かなかった伏線がいくつかあったろうし、話が進むにつれて世界観の解明があったり新しい登場人物が登場したりなんかもするだろう。
でもいいや前ヶ瀬は。そこまでして先まで読む気がしない。嫌いだったわけではないんだが、好きでもないし意地になって読みたいものでもない本を十数巻全部読む気力なんてない。


シメに、いいところを箇条書きでまとめてみた
・着眼点がおもしろい
・めっちゃ「萌える」ヒロイン
・生活感溢れるシーン
・安心できるストーリー展開

逆に、
・作画崩壊に敏感
・理系な臭いがする文章がひどく嫌い
・逆に論理を重んじすぎてて文章の飛躍が許せない

方にはあまりおすすめできない。
Posted at 01:19 | 読書 | COM(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。